メインイメージ画像

大阪の風俗求人情報

初めて男性が単独でハプニングバーに乗り込んできた場合、まず誰も声をかけてくれないと考えてよいだろう。何度も何度も通って顔を覚えてもらい、そこでやっと会話が成立するのだ。というのも、ハプニングバーは、言い換えれば超変態的世界観を守るための閉鎖的空間である。こうした世界観を持ち合わせているのかどうか分からない人物が、当初は警戒されてしまうのもやむを得ないことだと言えよう。

しかし、果たしてエッチもできないまま、安くない料金(ボクが訪れた大阪の風俗求人に載っていた店の料金は、女性がl000円、カップルが5000円、単独男性が7000円。この他に入会金などが必要)を払って何度もハプニングバーに通うことができるのかと問われれば、それはそれで普通の男性には難しいと思われる。ハプニングバーにおいて、単独男性が仲間として受け入れられ、プレイに参加させてもらうためには、変態の世界に対してよほど魅力を感じていることが必要なのだ。

仮に、男性がハプニングバーを本気で体験してみたいと思うなら、ボクのようにハプニングバーの常連の女性に連れていってもらうのが近道だろう。さらに欲を言えば、せめて最初の1回だけは、店を出るまで最低限のサポートと遊び方のレクチャーをしてくれるような女性がベストである。このような女性が見つからないなら、正直、ボクは男性のハプバー遊びを推奨しない。

更新情報